こんな症状ありませんか?

  • HOME
  • > こんな症状ありませんか?

おかしいなと思ったら


contents3_head.jpg

神経内科は脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気など広範囲な領域をみる科です。
症状としては下記のように色々とあります。

  • 意識障害
  • 物忘れなどの認知機能障害
  • てんかん発作
  • 言葉がうまく出ない
  • 他人の会話が理解できない
  • ロレツがまわらない
  • 飲み込みが悪い
  • 顔面の麻痺やひきつけ
  • 視野の異常
  • 物が二重に見える
  • めまい
  • フラツキ
  • いろいろなタイプの頭痛
  • 手足のシビレや脱力
  • 手足のふるえ
  • 勝手に手足や体が動いてしまうなどの不随運動 など

これらがどこの病気であるかを診察し、X-CT及びMRIなどで検査し、見極めた上で治療をします。骨や関節の病気であれば整形外科へ、脳動脈瘤やくも膜下出血、頭蓋内血腫であれば手術を実施している脳外科へ、ストレスなどの精神面の問題であれば心療内科・精神科へ紹介します。

又、神経内科が扱う病気には、糖尿病・高血圧症・脂質異常症・不整脈・喘息などの呼吸器疾患・膠原病・甲状腺疾患などの内分泌疾患なども関わっている事がほとんどですので、当然ながら一般的な治療も併せて行います。

神経内科的疾患について

  • 脳血管障害(脳卒中)
  • 認知症
  • 神経難病(パーキンソン病・脊髄小脳変性症)
  • 各種の頭痛
  • てんかん
  • 脊髄及び末梢神経障害
    (ギランバレー症候群など)
  • 筋疾患
    (重症筋無力症・先天性筋ジストロフィー症など)
  • 内科的疾患に伴う神経障害
    (糖尿病・甲状腺疾患・消化管手術後のビタミン不足に伴う神経症状)